タグ アロハがハワイ初のフェアトレード認定事業者となる

タグ アロハがハワイ初のフェアトレード認定事業者となる

記入例   – レポーターです。  太平洋ビジネスニュース

カイルアを拠点とするビーチバッグとアクセサリーの卸売業、タグアロハは、今年初めにハワイ初のフェアトレード認証を取得しました。

タグ・アロハは、製品が倫理的に調達され、公正な賃金を支払っている労働者によって生産されていることを確認するために、半年間のサプライチェーンの徹底的な見直しを行い、夏にフェアトレードの認証を取得しました。

"フェアトレードの認証を取得したことに興奮しています」とタグ・アロハの共同設立者であるアラナ・ペナロザはPBNに語っています。"私たちの価値観や、ハワイのアロハを共有する文化に合致していました。私たちは持続可能な慣行を保証したいと思っていたので、これは私たちにとって何の問題もありませんでした」とPBNに語っています。

タグ・アロハは、ホールフーズ・ハワイと本土の3店舗で専用ラインを販売しているほか、サンドピープル、空港店10店舗、島内のビーチブティックなどでも販売しています。

ペナローザ氏によると、フェアトレード認証を受けた企業とは、製造から流通までの過程で、すべての人に公正な慣行を保証することを意味しています。

"フェアトレード認証を受けることで、あなたの顧客やビジネスパートナーは、誰もが公正なプロセスを共有できるようにすることを大切にしていることを示しています」とペナローザ氏は述べています。

Tag Alohaは認証を取得するために、その習慣を変えなければなりませんでした。同社は、フェアトレード認証を受けたコットンを調達し、タグ・アロハのサプライチェーンがフェアトレード・インターナショナルによって設定された最も厳格な社会・環境・経済基準に準拠していることを示すために投資を行っています。

"最初からやっていたことがフェアトレード認証に沿ったものであることが証明されました」とペナローザ氏は言います。

コットンと製品は主にインドで生産されていますが、一部ハワイでも生産されているブランドです。Tag Alohaは現地で4人の従業員を雇用し、カイルアで倉庫を運営し、ホノルルでバッグの一部をプリントしている。

"メイド・イン・ハワイの公式に従うことは、『ここで作られているかどうか』という質問を超えたものです。とペナロザ氏は言います。"ここで人々を雇用し、ここに倉庫を持ち、ここでビジネスを運営しているという事実も含まれています。

続きを読む


コメントを残す

なお、コメントは公開前に承認される必要があります。

このサイトはreCAPTCHAで保護されており、Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。